NT-ニュース位置センサ(リニアセンサ)TF1シリーズのアプリケーション

位置センサTF1シリーズの導入事例をご紹介!位置センサTF1シリーズ

位置センサ(リニアセンサ)TF1シリーズがよく使われているアプリケーションは、例えば リニアドライブ、射出成形およびダイカストマシン、板金加工のパンチングマシン、パッケージエージングまたは木工機械、生産ラインの高速モーションユニットでの位置測定など
他に、サーキットブレーカー(ここでは非常に速い応答時間が必要なため)またはプレスなどの強い振動にさらされる機械です。

また、屋外での使用に適していませんが、非磁性のポジションマーカー(金属フレークの付着がない)と高い耐振動性により、誘導測定原理がその利点を示すことができるニッチなアプリケーションがあります。

非常に高速実際の10KHZ測定レート 非常に高速–実際の10kHz測定レート 小さな誤差で大きな取付交差 小さな誤差で大きな取り付け公差
磁場に対する高い耐性 磁場に対する高い耐性 非常に直線的で再現性がある 非常に直線的で再現性がある
完全密閉した頑丈で摩耗がなく振動に強い

カプセル化し頑丈-摩耗なし- 振動に強い

磁石がないので金属くずを集めない 磁石がないので金属フレークを集めない

TF1紹介動画

 

導入事例

板金曲げ機

• 機能:
新世代の4ロール板金曲げ機では、6個のTF1トランスデューサが以前のワイヤーセンサに取って代わります。
2つのセンサがそれぞれ2つのロッカーとカウンターホルダーのローラーを測定します。

• インターフェース:
センサおよびインターフェースモジュールの調達コストの点でイーサネットインターフェースよりも大幅に安価であるため、お客様はデジタルIO-Linkインターフェースを使用しています。

•特別な機能:デジタルインターフェース

板金曲げ機に

射出成形機

• 機能:
射出ユニット、金型工具、またはエジェクタの位置決めには、最短のサイクル時間で高精度のプラスチック部品を製造するために、射出成形機で位置センサが引き続き使用されます。

• 特別な機能:
誘導測定システムの更新レートは10kHzです。これは、実際の位置と対応する測定値の間の時間遅延がわずか0.2ミリ秒であることを意味します。 このダイナミクスにより、それぞれのターゲット位置に高速でアプローチできるため、サイクルタイムを短縮できます。

射出成型機に

レール削正車

•機能(I):
ユーザーは、線路の保守と建設のための車両を製造しています。 この場合、位置センサ(リニアセンサ)TF1は、レール削正車の油圧ドライブの位置を監視するために使用されます。

• 使用センサ型式:
TF1-0200-902-901-104 (0.5 … 9.5 VDC)

• 特別な機能:
振動荷重が大きいため、お客様は通常の2つの取り付けクランプの代わりに3つを使用します。 研削時に発生する金属フレークは、センサやポジションマーカーに付着しないため、測定結果に影響を与えません。

•機能(II):
双方向レール削正車では、位置センサTF1は、研削ユニットが上下するときの経路を記録します。ハイブリッド車(使用可能または道路と鉄道)ごとに最大6つの粉砕ユニットがあります。

•使用センサ型式:
TF1-0100-001-423-102(4…20 mA)
TF1-0200-001-423-102(4…20 mA)

特別な機能:
お客様は、これまで、粉塵による重度の汚れ、研削過程での激しい振動、湿気、温度、電気的影響などの過酷な条件に耐えられない他のセンサを使用していました。TF1リーズは、前述の外部の影響下で完全かつ安定して動作しました。また、他社センサに比べ、TF1の組み立ては非常に簡単です。

レール削正車に

カスタマイズされたデザイン

カスタマイズされたデザイン

• 機能:
誘導型Novopadテクノロジーを使用すると、ユーザー固有の設計も可能ですが、大量に使用できます。 現在、アクチュエータ用のショートストロークトランスデューサをお客様と共同で開発中です。

• 使用センサ型式:
XTI-0050-901-217-901 (SSI)

• 特別な機能:
最大の測定誤差で10kHzの高速更新レートを使用します。 50 µm。 同時に強い磁場のヘリウムガス下での操作。

↓↓↓最新の取扱説明書はこちらから

位置センサ