牧草運搬車のアーム制御

応用:収穫・梱包機器

製品:完全非接触ロータリーセンサ RFC48シリーズ

センサー技術に対する要求はますます高まっています-産業オートメーションだけでなく、モバイル農業機械などのモバイルアプリケーションにも。その結果、非接触式回転センサーの需要が高まっています。そしてしばしば、磁気プロセスが好まれます。厳しい環境条件下でも信頼性があり、360°の範囲全体で絶対測定が可能で、目的のアプリケーションに簡単に適合させることができます。他の測定テクノロジーと比較してコストが比較的低いため、機械工学やプラント設計における無数のアプリケーションだけでなく、ここで説明するようなモバイルアプリケーションにも適しています。Big Bale Transtacker(画像を参照)は、さまざまなサイズの藁や干し草の俵を効率的に収集して積み重ねるために利用できる革新的な農業機械です。この機械はトラクターによって引っ張られ、運転され、またトラクターからオペレータ制御されます。たとえば、ドライバーがジョイスティックを使用してローディングモードをアクティブにすると、干し草の俵はTranstackerの横のフォークにつかまります。その後、回転式ターンテーブルに積み重ねられます。結合力を高めるためにそれらを結ぶこともできます。この機能も、コントロールパネルのボタンを押すだけで操作できます。テーブルがいっぱいになると、ベールがロードベッドに押し込まれます。運転中、テーブルは垂直位置に配置され、荷物を固定します。 「ロードモード」に切り替えるには、オペレーターはフォークをロード位置に移動するだけです。これはもちろん、コントロールパネルのボタンをもう一度押すと発生します。保管施設に到着したら、荷台を傾けることができます。ターンテーブルは、ベールを降ろして配置するために使用されます。また、それらをピックアップしてリロードするためにも使用できます。運転手は、これらの作業のためにトラクターのキャビンを離れる必要はありません。

製品情報