投与ポンプの制御と監視

応用:医療工学透析

製品:リニアトランスデューサ、リニアポテンショメータT50

経腹膜透析の過程で、代謝性老廃物は腹膜を通して血液から除去されます。 腹膜は腹腔内の臓器を覆う膜です。 外科的に挿入されたカテーテルによって、滅菌透析溶液が腹腔に導入され、1日に数回除去されます。 腹膜は透析膜として機能します。
ほとんどの経腹膜透析治療は、自宅または職場で患者自身によって行われます。

2つの電位差リニアセンサーT50は、投与ポンプの制御と監視に使用されます。

製品情報