役立つ情報!品質編

ロータリーセンサ・リニアセンサならnovotechnik!

【連載企画】第1回 ロータリーセンサ・リニアセンサのnovotechnik社を国内正規代理店 B&PLUS営業Nが本音で紹介します!

hiroe

 

いつもお世話になり、ありがとうございます。
B&PLUSの営業のNと申します。
今回から弊社が国内正規代理店である「ロータリーセンサ・リニアセンサのnovotechnik」について、私、Nが営業目線で本音でご紹介する企画をスタートさせて頂きます。製品紹介だけではなく、正規代理店の営業として感じていること、取り組み、お客様の反応などを本音でご紹介させていただく予定です。

どうぞ宜しくお願いします。

 

novotechnik

novotechnik社について

novotechnik社はロータリーセンサおよびリニアセンサの専業メーカーです。
1947年の創業の70年以上の歴史があり、ドイツのシュトゥットガルト近郊のオストフィルダーンに本社があります。従業員は約200名の会社で開発・設計・製造の大部分を自社で行っています。
また、アジアに向けて中国の上海にUSA、カナダ、メキシコに向けてUSAのマサチューセッツ州に拠点があります。さらに世界の40か国以上に正規代理店を持ち、World wideに活動しています。

 

㈱ビー・アンド・プラス

弊社B&PLUSについて

B&PLUSは約40年に渡るワイヤレス給電機器の専業メーカーです。
1980年創業、埼玉県小川町に本社兼工場があります。従業員は約90名の会社でワイヤレス給電の機器の開発・設計・製造を自社で行っています。創業当初、海外よりセンサ機器を輸入販売する商社機能を持っており1983年にnovotechnik社の正規国内代理店として販売を始め現在に至るまで約37年間継続しています。

 

hiroe

B&PLUS営業Nについて

私、NはB&PLUSの前身となる旧日本バルーフに中途入社して16年になります。
入社当時に既にnovotechnik社の製品の扱いがありましたが、自社製品とは違う存在に違和感を持っていました。
自社製品の知識は自身の努力と日常の業務で覚えましたが、novotechnik社の製品は入社してしばらくは必要性に迫られなかったため、数年間あまり知識がありませんでした。
そんなNですが、お客様から「novotechnik社の製品を検討したい」と言われ、自身で勉強するようになりnovotechnik社の製品の魅力を感じるようになりました。今では他の営業からnovotechnik社の製品の相談を受ける存在です。

営業Nが本音で語るnovotechnik社について(品質編)

私、営業Nがnovotechnik社の製品について最初に感じるのは製品品質の良さになります。具体的に言えば「製品クレームが少ない」ということです。

B&PLUSに入社後の16年間を振り返ると、novotechnik社の設計要因に起因するクレームは1件しか経験していません。(ただし、付属品の不足・間違い等のヒューマンエラーは数回ありました)
弊社、B&PLUSでは創業当初から海外からのセンサ機器の輸入販売をしており、novotechnik社の競合となるメーカーの機器も販売してきました。それらのメーカーと比べて明らかにnovotechnik社のクレームは少ないのです。
先日も製紙機械トップメーカーの設計者の方とお話しする機会がありました。その設計者の方曰く、「30年前から機器を使っているがトラブルらしいトラブルが起きた事はない」とのこと!

novotechnik社製品の品質は高評価をいただいております。

F1

少し話がそれますが、テレビドラマに「下町ロケット」という番組があります。人気のドラマでご覧になられた方も多くいらっしゃると思います。ドラマでは、ロケットエンジンのバルブを供給している、主人公の企業の「技術力と品質」を象徴する言葉が「ロケット品質」と称され、その企業の代名詞となっていました。
 novotechnik社の製品を語る上で注目したいのは、自動車の重要な部品として採用されていることです。ステアリング、アクセル、ギア位置など安全を必要とする部分に採用されており、これは確かな品質の表れといえます。自動車レースの最高峰、フォーミュラ1(F1)マシンに採用されているのです!このことは人気ドラマを真似すると、まさに「F1品質」と言えます。
このように品質面でお客様の信頼を得ているnovotechnik社の製品は販売する私たちにとって自信を持ってお勧めできる製品です。

次回は納期、価格、対応などについてお話させていただく予定です。
お楽しみに…。

次へ