ローディングランプの位置検知

応用:ロンドンアイ ローディングランプの位置検知

製品:リニアポテンショメータ/ロータリーポテンショメータ LWGシリーズ/SP 28シリーズ

ロンドンアイはテムズ川の南岸に建てられ、新しいミレニアムを象徴しています。 設計基準の1つは、障害者を含む誰もがアクセスできる必要があるということでした。 車椅子の人々が乗り物を楽しむことができるようにするために、アクセスは、その位置を測定する必要があるローディングランプによって行われます。LWGトランスデューサはローディングランプに固定され、位置を測定します。 この情報は、ホイールの膨張と収縮を補償するためにランプ位置を調整する閉ループサーボシステムへの入力の1つです。 ホイールの直径は135メートルで、鋼で製造されているため、動きは非常に重要です。

製品情報