ロードスイーパーの四輪ステアリング制御

応用:四輪ステアリング制御

製品:ロータリーポテンショメータSP28シリーズ

ロードスイーパーは、駐車中の車、道路工事、その他さまざまな障害物の間を移動できる必要があります。 四輪ステアリングは、そのような車両の回転半径を減らします。各車両には、2つの電位差計角度センサーシリーズSP2800が装備されています。 それらは前輪と後輪のキングピンに直接取り付けられています。 ドライバーがステアリングホイールを回すと、最適なパフォーマンスを提供するために、マイクロコンピューターがフロント/リアホイールの相対的な角度を調整します。 角度データは回転センサーの信号に依存しています。

製品情報