ターンテーブル制御

応用: カッシーニ・ホイヘンス土星研究プロジェクト、ターンテーブル制御

製品:抵抗素子

土星へのカッシーニホイヘンスの任務が1997年10月の初めに打ち上げられたとき、Novotechnikの導電性プラスチックポテンショメーターが搭載されていました。 宇宙船が土星に到着したとき、月探査機タイタンの上にサブプローブ「ホイヘンス」が解放されました。 このプローブはタイタンの大気に沈み、広範囲の測定を行います。回転ポテンショメータは、ナビゲーションに使用されるターンテーブルの位置を制御します。

製品情報